話題のバイナリーオプションはどんな仕組み?

By: Thank you for visiting my page

最近になってFXに次いで話題に上がる事の多いバイナリーオプション。実際にどのような仕組みで利益を出しているのでしょうか。まずバイナリーオプションは為替金融商品の一種であり、各国政府金融庁の規制によって監督管理されています。巷で言われている様な詐欺ではなく利益があれば納税の義務もあります。宝くじや競馬の様なギャンブルでもありませんのでそこは注意です。

簡単に言うと、これから為替相場が決められた期間に上がるか下がるかを予想する取引です。オプションと呼ばれているのは、ある商品に関して一定の期日に一定の数量を、市場価格に関係なく特定の価格(権利行使価格)で買う権利、または売る「権利」を売買するということです。

例えば1ドルが100円になった時に、更に上がると予想したら「100ドルで買う権利」を買います。この後120円でも150円でも100円で買う権利があると言う事です。逆に下がると予想した場合には「100ドルで売る権利」を買います。同様に下がったとしても100ドルで売る事が出来るので、この場合は下がった方が利益が出ます。

実際には為替を購入したわけではなく、権利を取引しただけですので為替での利益をそのまま貰えるわけではありません。また、予想が外れた場合にも差額を支払うのではなく、権利(オプション)を放棄する事になるので最初に購入した金額がなくなるだけです。購入する権利は予想が当たった人に移ります。これがバイナリーオプションで利益が発生する仕組みです。

気をつけたいのはブローカー側がレンジ(移動範囲)とペイアウト率を決めているので、指定したレンジ外での為替変動には支払いがないことです。7%程度でレンジ外に出る事があるのでその時はブローカー側に全額入ります。ペイアウト率が1.8倍であれば買った時に1.8倍になりますが、負けた方が全額失うのでブローカー側は2割の利益を得ることができます。このような仕組みでバイナリーオプションは出来ています。

バイナリーオプションとアフィリエイトブログ

By: seosmarty

海外のバイナリーオプションブローカーは、日本国内で営業活動することができません。それは日本の金融庁が無許可な金融業者の活動を禁止しているためです。しかし日本人が海外のバイナリーオプションを、自己の責任で利用することは違法ではありません。海外のバイナリーオプション業者は日本人のブログを利用して、顧客を獲得しています。

ブログにはアフィリエイトというものがあります。これはネット上の広告のようなもので、ブログから顧客を獲得した場合、ブログ運営者に報酬が入る仕組みです。報酬の額は業者によって異なりますが、1件の成功報酬で数万円程度貰えるところもあります。

ブログ運営者は特にその契約している業者で取引をしている必要はありませんが、審査があり、バイナリーオプションと無関係の内容の記事のサイトに広告を張ることはできません。また報酬の額を明かしてはいけないなど、サイトによっていくつかの制約があります。

ブログ開設は無料のサーバーでも問題ありませんが、金融系・ギャンブル系の記事を禁止しているブログでは利用しないほうが良いでしょう。広告で利益を得るためには多くの人にサイトに訪れてもらう必要があります。ページを作っただけではサイトに誘導することができないため、定期的な更新が必要です。

バイナリーオプション業者の中には出金を拒否したり、詐欺に近いことをする業者もあります。ブログ運営をする場合、もしそういう業者を紹介してしまうと、間接的に詐欺に加担してしまうことになります。もし業者を紹介する場合は、その業者が正規にライセンスを持っているか、出金ができるかなど、調査を行ってから掲載したほうが良いでしょう。

2chなどの掲示板にリンクを張ることは禁止されていますので、広告の仕方にも注意が必要です。収入が欲しいあまりに、嘘の内容を載せることがないようにしましょう。内容に偽りがあった場合、バイナリーオプション業者のほうから広告掲載を断られてしまうこともあります。

バイナリーオプションとはどのような金融商品なのか

By: Windell Oskay

バイナリーオプションはこれから投資を始めてみようと思っている初心者に、おすすめの金融商品になっています。その理由というのはいくつかありますが、その大きな理由としては少額から始めることができ損失が限定的であるという点にあります。

投資をしたことがない人は投資というのは多くのお金が必要であり、失敗をすると借金を背負ってしまうというイメージを持っている人もいるものですが、バイナリーオプションというのは数百円から始めることができて、損失を出したとしても投資をした分を失うだけなので自己資産を超えるようなマイナスが出ないので安心して投資をすることができるのです。

それではバイナリーオプションとは一体どのような金融商品かというと、FXのように為替レートを対象にした金融商品となっています。そして、FXと大きく違う点としてはポジションを持った時点で、損益が確定しているという点にあります。これは一体どのようなことかというと、最大損失も損益もその時点で決まっているので予想外に損失が膨れ上がってしまったり、あるいはその逆に大きな利益を手にするということもないのです。

わかりやすく例えるのであれば、競馬の馬券のようなものでありレースが大きく荒れて大穴であっても馬券の購入代金以上のお金をとられることはありませんし、締め切ったあとに急にオッズが高くなるということもないと同じような感覚となっています。

そのため、予想外の大きな損失を出すことがないという点に関していえば、安全性の高い金融商品となっているのです。次にFXと同じように為替レートを対象としているので、値動きを読みやすいという利点があります。それに加えて利食いをするポイントであったり、損切りをするポイントなどを考える必要が無いのでエントリーのタイミングにだけ注意をしていれば良いためFXと比較した場合に考えるべき点が少ない分だけ、投資をしやすい金融商品となっているのです。

バイナリーオプションはFXよりもわかりやすい

By: Allan Ajifo

以前FX取引をしていたのですが、コツコツ稼いでも大きく負けてしまうことが多く、結果的にはマイナスとなっていました。そんなとき取引していたFX業者でバイナリーオプションのサービスが始まりました。バイナリーオプションとは、指定された期限に取引する通貨や商品の価格が、上昇しているか下落しているかのみを予測して投資する金融派生商品です。FXでは買うタイミングも大切ですが、売るタイミングも大切です。

2つの売買ポイントを見極めなくてはなりません。バイナリーオプションでは清算するタイミングは予め設定されているため、購入するポイントのみに気をつければよいのです。私はどちらかというと清算するタイミングを見極めるのが苦手だったため、バイナリーオプションでは成功することができました。

また、バイナリーオプションには他にもメリットがあります。それは購入した以上の損失が出ないということです。FXでは相場が急変したときに証拠金以上の損失を生んでしまうことがあります。そうなった場合、マイナスになった金額を追加で入金しなくてはならず、これは借金にあたります。

最近ではレバレッジ規制が進んでリスクの高い取引ができなくなった影響で、そこまで証拠金が割れるようなことは起きなくなってきています。しかし数年に1回くらいのペースで相場が急変動することがあるため、ポジションを保有しているだけで借金を負ってしまうというリスクがあるのです。

バイナリーオプションは損失が限定されていることやわかりやすいルールのため、初心者でも比較的簡単に利益を上げることができる取引です。今では申告分離課税によって、損益通算ができるため、もし損失を出してしまっても3年以内に取り返すことができれば税金面でも損をすることはありません。他のFXやCFD取引の利益とも損益を合算することができるため、一箇所に集中投資するよりは、リスク分散という意味で挑戦してみても良い取引手段です。