国内のバイナリーオプションを比較方法

By: frankieleon

日本のFXやバイナリーオプションは、ブローカーがシステムを開発しているところが多く、システムが大きく違っています。取引ルール自体は似ていますが、ツールの使い勝手やペイアウト率、判定時間に違いがあります。各社比較してもツール開発に力を入れているところが多く、パソコンはもちろんのこと携帯やスマートフォンで使えるツール開発も進んでいます。

また、バイナリーオプションでは判定時間の価格で全てが決まるため、判定時間は非常に大切です。判定時間から取引する会社を選ぶ場合、どのような時間帯でクローズする会社を選んだら良いのでしょうか。

通常経済指数の発表は30分や00分に行われます。そのため重要指数の発表時にはその発表時間前後で大きく価格変動が起きることがあります。予想通りに動いていたとしても、最後の数秒で覆されしまうことがあるのです。そのため指数発表時間に判定を向かえるバイナリーオプションはギャンブル性が増すと言っても良いでしょう。

各社比較してみると、あえて判定時間を指数の発表などがない時間に設定している会社もあります。そういった会社で取引する場合、純粋にテクニカル分析で将来の価格を予測することができます。

また、日本にはバイナリーオプション専業業者というものはありません。FXやCFDの取引ができる会社も多くあります。入金はどこの会社でも即時される方法が用意されていますが、出金手続きの早さには違いがあります。中には金融機関営業時間内であればリアルタイムに出金が可能となっている会社もあります。

すぐに出金することができれば、利益をすぐに別のことに利用することができるのです。取引している会社内であれば振り替えできるようになっているため、別の取引に利用することはできます。FXではスプレッドやスワップ金利などに各社違いが出てきますが、バイナリーオプションを比較する場合は判定時間と設定されているペイアウトラインに注意すると良いでしょう。