バイナリーオプションとはどのような金融商品なのか

By: Windell Oskay

バイナリーオプションはこれから投資を始めてみようと思っている初心者に、おすすめの金融商品になっています。その理由というのはいくつかありますが、その大きな理由としては少額から始めることができ損失が限定的であるという点にあります。

投資をしたことがない人は投資というのは多くのお金が必要であり、失敗をすると借金を背負ってしまうというイメージを持っている人もいるものですが、バイナリーオプションというのは数百円から始めることができて、損失を出したとしても投資をした分を失うだけなので自己資産を超えるようなマイナスが出ないので安心して投資をすることができるのです。

それではバイナリーオプションとは一体どのような金融商品かというと、FXのように為替レートを対象にした金融商品となっています。そして、FXと大きく違う点としてはポジションを持った時点で、損益が確定しているという点にあります。これは一体どのようなことかというと、最大損失も損益もその時点で決まっているので予想外に損失が膨れ上がってしまったり、あるいはその逆に大きな利益を手にするということもないのです。

わかりやすく例えるのであれば、競馬の馬券のようなものでありレースが大きく荒れて大穴であっても馬券の購入代金以上のお金をとられることはありませんし、締め切ったあとに急にオッズが高くなるということもないと同じような感覚となっています。

そのため、予想外の大きな損失を出すことがないという点に関していえば、安全性の高い金融商品となっているのです。次にFXと同じように為替レートを対象としているので、値動きを読みやすいという利点があります。それに加えて利食いをするポイントであったり、損切りをするポイントなどを考える必要が無いのでエントリーのタイミングにだけ注意をしていれば良いためFXと比較した場合に考えるべき点が少ない分だけ、投資をしやすい金融商品となっているのです。